デルタ君とアーティックちゃんのセキスイハイムBJ建設記~初期提案の図面は形もない!?~

セキスイハイムBJの建築日記です。
いきなり嫁がふらっと展示場に立ち寄ったことから、急展開???
営業とモメ、建築士とモメ、言うた言わないでモメる・・・果たして家が建つんだろうか???
そんな状況から振り返りながら、後追い形式で書いていきます。
住宅展示場見学、工場見学、設計の打ち合わせ済
電気、外溝は奮闘中

セキスイハイムの闇?編 第1回 不正処理?ザル会計?家計簿レベルに達してない? 騙されないで?

ハイムの家は素晴らしいです。

ただ、

会計処理について思うところがあります。

皆さんは設備等の増減時にはどうやって把握してましたか?


営業任せですか?

営業の明細を足し引き計算するだけですか?


私は詳細な明細を出させてやりました。

と言っても、価格表は見せないのでぼったくられてるはずです。


なぜこんなことをしてるのかと言うと


営業が金額を間違えて何度も何度も、呆れるくらいに間違ってくるからです。


騙されていますよー

二重取りされてますよー

黙っていたら大損です


まぁ言うだけは簡単なんで、少し例を

和室を洋室に変えたのに、和室天井の値段がそのまま二重取り

畳の枚数を変えたのに、多い枚数で二重取り

契約書に内部照明と外部照明の記載があり、内訳を求めると、インテリアや外溝で打合せ済みなのに二重取り

玄関を小さくしたのに、差額を二重取り

と例を上げましたが、マジで一部です(笑)

全部書いてやりたい!


これは営業の能力だけの問題ではありません。

一般企業では考えられない、ハイムのずさんな会計処理が見えてきました。

はっきり言って家計簿以下です(笑)


また機会があれば書いていきます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。