デルタ君とアーティックちゃんのセキスイハイムBJ建設記~初期提案の図面は形もない!?~

セキスイハイムBJの建築日記です。
いきなり嫁がふらっと展示場に立ち寄ったことから、急展開???
営業とモメ、建築士とモメ、言うた言わないでモメる・・・果たして家が建つんだろうか???
そんな状況から振り返りながら、後追い形式で書いていきます。
住宅展示場見学、工場見学、設計の打ち合わせ済
電気、外溝は奮闘中

第8回 出現ボス&子分 入居済みの方の家を見に行く(その4)

前回はもめ始め、中々話が進まない・・・営業はボスやその他を呼び出すことに・・・


明らかに年配の上司が入ってきた。
既に人数は
 4人VSハイム4人とたまに出入りする男性も居た気がする・・・
ええ勝負だ(笑)
19時から始まった話もすでに21時を超え、急速に進んで行く。
 ハイム側「今日は契約してもらえれば、値引きします」
 夫「厳しいですね、この状態じゃ」
 ハイム側「期限が切れれば内金の10万は返却しますが、この土地の話は次の方がいればそちらにいきます、いいですか?」
 夫 笑顔で「いいですよ、別に(笑)」
この時点では、どちらかと言うと嫁が迷っていました。
もっと良い土地が無いか?
もっといいメーカーがあるんじゃないか?
私は、嫁がGOサイン出せば構わないと思っていたのです。
本当は住友林業が良かったのですが・・・
 嫁「母に見せて、意見を聞いてから判断しますので、今日はしないです
執拗に深夜時間帯に攻めてくるハイム側
 明らかにこんなに人数用意したのに、何で契約せえへんねん感
が溢れ出ています(汗)
ハンコを押してしまいそうなくらい、話され次第に感覚がマヒしていく。
よく昔、町内の公民館に爺婆集めて洗剤欲しい人いますか?って最後には布団になるやつを思い出しました(笑)
うちのおばあちゃんは、毎回、耐えきって無料の物だけ貰ってきてました(笑)
まぁこっちは関係ないんですよね、この日に1回もめてるし(怒)
ってことで、やっと帰宅・・・
正直、ヘトヘトでしんどかった。
何でこんなに疲れるんだろうとね。
その後、営業はどうなったかは気にもしません(笑)


次回
第9回 不動産屋の共通データベースって何んだ?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。